登戸 整体

登戸 整体

登戸 整体

 

 

2人の獲得が濃厚となっている一方、自軍からは相川がFA宣言。FA宣言したロッテの成瀬、日本ハムの大引と13日にW交渉。

 

正捕手の中村のサポート役としては、ベテランが最適。28人のリストを受け取り、熟考する必要があるのだが、ヤクルトは人的補償を求める可能性が高いとみられている。

 

去年は大竹をFAで取られた広島が一岡を獲得して成功しているし、ウチも人的補償を検討している」■いま巨人にバレるとまずいそうなると、巨人の誰がターゲットになるのか。成瀬、大引はともに「Bランク」。

 

巨人にバレるとまずいからね」12月にはその名前がハッキリするはずだが、アッと驚く名前が出てくるかもしれない。ヤクルトの編成が大忙しになっている。

 

ヒント?投手ということしか言えない。「ここまでに挙がった名前とは全く違う意中の選手がいる。

 

ロッテ、日本ハムから年俸の60%または40%+人的補償を求められる。ヤクルトの周辺では、さまざまな声が聞かれる。

 

巨人入りすることが決定的になっている。巨人でくすぶっている福田、宮国、田原誠次といったところがプロテクトから外れてくれれば、間違いなく取りにいくと思う」(マスコミ関係者)ただ、ある事情通にこの話を当ててみると、頭を振ってこう言った。

 

そうなると浮上するのが補償の問題だ。「戦力が豊富な巨人はプロテクト枠の28人から外れそうな選手でも、一軍で十分に戦力になる。

 

「捕手の相川さんが出ていくと支配下の捕手は計6人になる。穴埋めとして捕手を取りにいくのではないか。

 

実松、加藤あたりが候補になると思う」(某選手)「ヤクルトはなんといってもリーグ最低の投手力の強化が最優先だ。ヤクルトは「ロッテ用」「日本ハム用」と2種類の28人のプロテクトリストを作成する必要が出てくるのと同時に、「Bランク」の相川が移籍すれば、巨人から同様の補償を得ることになる。